最新の記事はこちらから

グリーンファイナンス、再生可能エネルギー開発、気候変動:中国各地域からの証拠

気候変動の脅威は、ここ数十年で国際社会の懸念事項となっています。専門家や政治家との何度かの会合や議論にもかかわらず、人類は地球上の生命からこの脅威の影を取り除くことができませんでした。化石燃料の大量使用を考えると、中国はこの脅威の創出と持続に大きく貢献してきた。この研究では、2010年から2021年のデータ、STIRPAT理論、およびパネルデータの計量経済学的手法を使用して、グリーンファイナンスと再生可能エネルギーの導入が中国とその地方の二酸化炭素排出量に及ぼす影響を分析および解釈しました。この調査結果は、グリーンファイナンスが国レベルでの環境汚染に対してわずかにマイナスの影響係数を持っていることを示しています。中国におけるグリーンファイナンスの量を増やすことにより、二酸化炭素排出量は0.015%減少する可能性があります。さらに、再生可能エネルギー消費量の係数は 0.103 です。これは、再生可能エネルギーの消費量を1%増やすことで、CO 2排出量を0.103%削減できることが期待できることを示しています。しかし、地域レベルの分析では、グリーンファイナンスは東部および西部地域に位置する州でのみ統計的に有意な係数を持っています。さらに、この変数が二酸化炭素排出量の削減に及ぼす影響は、中国東部地域でより顕著になります。この重要な理由は、中国東部地域 (上海など) がより発展していることです。したがって、これらの地域の人々はグリーン金融市場やグリーンプロジェクトに参加する可能性が高くなります。中国のすべての地域での再生可能エネルギーの利用は、二酸化炭素排出量の削減にプラスの効果をもたらしています。しかし、東部地域における影響は他の 2 地域に比べて大きかった。

実践的な政策

得られた結果によると、中国の省レベルおよび国レベルでのクリーンエネルギー政策の問題は言及する価値があります。中国政府は再生可能エネルギー分野で先進的な省を奨励し、環境汚染との戦いで遅れている省を支援することにもっと注意を払うべきです。中国の指導者は持続可能な発展を支援することで、自国の将来について強い決断を下さなければならない。2020年9月22日、中国国家主席は、持続可能な開発目標に沿って、同国は2030年までにピーク排出量を達成し、2060年までにカーボンニュートラルを達成するよう努めると発表した。これら2つの重要な目標を達成するために、中国は2つの目標を策定し、承認する必要がある。国レベルと地方レベルで個別の政策グループを設ける。マクロ経済レベルでは、中国の政策立案者はグリーン雇用を創出し(労働力の増加により二酸化炭素排出量が削減されるというプラスの効果を生み出すため)、社会における消費のグリーンバスケットを増加させる(一人当たりの所得の増加は環境条件を改善する)ように努めるべきです。グリーン金融市場のより良い発展、グリーンプロジェクトに対する広範な金融支援(グリーンプロジェクトの発展に対するインフレの悪影響を中和するため)、そして再生可能エネルギーの消費を増やすためのさらなる努力。しかし、地域および地方レベルでは、中国の政策立案者は東部地域の地方が持続可能な発展の道に沿ってより容易に進むことができるように、より多くの奨励政策を打ち出す必要がある。逆に、中部地域は、持続可能な開発に向けてより迅速に移行するよう、支援政策(グリーンローンやグリーン補助金の付与)と圧力政策(炭素税)の下に置かれるべきで。異なる州や地域に対して適用される政策の均一性は、長期的には地域の持続可能な発展において政策の非効果性や不平等を生み出す要因となる可能性があります。

将来の研究に関する推奨事項

この研究は、中国および世界中の専門家や政策立案者に実践的な調査結果と革新的な管理政策を提供します。温室効果ガス排出の最大の貢献国であり、化石燃料の主要消費国である中国が、持続可能な開発の分野で各省で管理されたバランスを生み出すことが重要です。この研究の結果は、この目標の達成に大きく貢献します。ただし、この研究の実施には制限がありました (ローカル データへのアクセスなど)。将来の研究では、補完的な結果を得るためにフィールド調査と調査方法を使用することが提案されます。2019年末以降の新型コロナウイルス感染症の蔓延と世界的なパンデミックへの変化を考慮すると、今後の研究では、グリーンファイナンスと気候変動の関係におけるこのパンデミックの影響を調査する必要がある。将来的には、人工ニューラル ネットワークなどのより高度な計量経済手法を使用して、変数間の関係を予測できる可能性があります。こうした研究は、中国が2030年までに炭素のピークを達成し、2060年までにカーボンニュートラルを達成するという目標を達成するのに役立つ可能性があります。

青山 武史

青山 武史

グロービス経営大学院大学でMBAを取得し、キャリアを一貫してクリエイティブ、テクノロジー、ビジネスを高度に融合させた新規事業開発やイノベーションの創出を主導して来た。スタートアップ(最高事業責任者)や事業会社(マーケティング最高責任者)等でマーケティングからサービス開発までの新規事業開発の経験を積み、多くの事業で収益規模を拡大し、大手企業とのアライアンスに携わった。現在はYKK APにて新規事業開発部担当部長として、再生エネルギー事業の推進と新規領域の探索を担当。Point0を通して大手企業と共創活動を推進。渋谷未来デザインとSWiTCHとのカーボンニュートラルプロジェクト「CNUD」に参画。個人としても大手エネルギー企業のヘルスケ領域の新規事業開発支援コンサルティング実績多数。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事