ハイパーボヘミアン最高

ハイパーボヘミアン最高

日々、忙しくしているそこのあなた。
きちんと就職して、安定した収入を得ているので、ワークスタイルについて考える必要がないと思っているかもしれない。
ちょっとまって!
もう会社とは結婚できない時代なんです。
ずっと同じ会社で働き続けることができると思います?
不安を煽りたくはないけど、事実。
だから、ワークスタイルについては常に模索していくことが重要。
では、どんなワークスタイルがあるのか。
少し前まではノマドワーカーなるものが流行りました。
でも、非難される対象だった上、定着することもなかった。
それはいくつもの問題点があったから。

ノマドワーカーの問題点をハイパーボヘミアンは克服できるか?

・収入が安定しない
・収入が少ない
・世間体が悪い
・カフェに迷惑をかける

ハイパーボヘミアンはこれらの問題点を克服していると言えよう。
収入が安定的に短時間の仕事で確保できることも前提。
カフェに入り浸ることも、稼げないこともない。

では、どうやって実現するのか。
それをこのメディアで発信していく。

ハイパーボヘミアンの実現方法、つまりは稼ぎ方!

稼ぐという言葉は儲けるという言葉より、主体的です。
ただ、日本では稼ぐという言葉が悪い印象を持っている人が多い。
ガツガツ稼ぐのは好ましくないけど、生活できる程度に稼ぐのは好ましいみたいな・・・。

それ矛盾だよね。

ハイパーボヘミアンは生産性の最大公約数

まず、心の底から稼ぐということを認めない限り、稼げるようにはならない。
次に、効率よく稼ぐために「生産性」という概念を持つこと。
生産性?
これ、実は数年前から社会的に影響力を持ち始めている言葉。
生産性は工場で働く人たちに限ったものでなく、
ホワイトカラーにこそ必要な概念。
これを徹底的に追求したあるべき姿が「ハイパーボへミン」なんだ。
つまりハイパーボヘミアンは生産性の最大公約数!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP