仕事ができる人とできない人の決定的な3つの違い

仕事ができる人とできない人の決定的な3つの違い

仕事ができる人が持っている力

あなたのまわりに仕事がデキる人はいますか?
彼らはなぜ仕事ができるのか知っていますか?
彼らは仕事ができるかどうかを決定的づける力をを持っています。
そこで今回、仕事ができる人とデキない人の決定的な違いを紹介します。

仕事ができる人との3つの違い

01.
仕事ができる人は
仕事をミッションだと感じている

イソップ童話でこんな話があります。
旅人3人のレンガ職人に「ここでいったい何をしているのですか?」たずねたところ、

1番目のレンガ職人:「レンガ積みに決まっているだろ」
2番目のレンガ職人:「この仕事のおかげで俺は家族を養っていける」
3番目のレンガ職人:「歴史に残る偉大な大聖堂を造っている」

と答えたという。
この話からも読みとれるように、
仕事のできない人は、仕事を労働だととらえています。
仕事ができる人は、仕事を使命だととらえています。

ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

仕事ができる人との3つの違い

02.
仕事ができる人は
大事なことに集中している

おしゃべりをしている人、眠そうにあくびをしている人など、
会社の中を見渡すと仕事ができない人とというのはムダなことばかりしているものです。
仕事ができない人は、仕事中に様々なことに気が散っていて集中いないといえるでしょう。
反対に仕事ができる人には、1つのことにじっくり取り組み、深く考える力があります。

大事なことに集中する―――気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法

仕事ができる人との3つの違い

03.
仕事ができる人には
やり抜く力がある

僕は飛び込み営業で1日100軒を回っていたことがありました。
そのとき、仕事ができない人は、環境のせいにしてすぐにあきらめ愚痴ばかり言っていました。
仕事ができる人には「情熱」と「粘り強さ」があります。
つまり「やり抜く力」があるのです。

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけ

仕事ができる人との3つの違い

まとめ

いかがでしょうでしょうか?
今回、仕事ができる人とデキない人の決定的な違いを紹介しました。
仕事の能力に大きな差を生む要因はこの3つの違いだけです。
是非、仕事をするときに思い出してみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP