ハイパーボヘミアンに誰でもなれる5つの理由

ハイパーボヘミアンに誰でもなれる5つの理由

ハイパーボヘミアンは自分でもなれるのか?

「僕でもハイパーボヘミアンになれますか?」という質問をいただくことがあります。
どこか自信のない様子の大手企業サラリーマン。
これから社会の中で働くことが不安な大学生。
彼らはハイパーボヘミアンを難易度の高い特別な働き方だと思っているようです。
現実にハイパーボヘミアンを名乗る人の中で、「簡単にはなれない自由な生き方」という伝え方をしている人もいます。
僕は、ハイパーボヘミアンは誰でもなれると考えています。
大学生も新入社員も、サラリーマンのニートもフリーターでも・・・。
では、今回、ハイパーボヘミアンは誰でもなれる理由をご紹介します。

ハイパーボヘミアンに誰でもなれる5つの理由

01. 資本はいらない

資本主義経済では資本がなければ何もできないと思われていますが、ハイパーボヘミアンになるためにお金はいりません。
必要なのは「稼ぐ力」だけです。
自分のスキルをサービス化し、効率的なシステムを構築するなど、稼ぐ方法を実践していく力さえあれば大丈夫です。

ハイパーボヘミアンに誰でもなれる5つの理由

02.学歴はいらない

本を執筆したりセミナーに登壇したりするときに学歴が高いとそれはそれで重宝しますが、学歴が信用の裏付けにはなりません。
有名大学出身でなくても十分に活躍できるフィールドが広がっています。

ハイパーボヘミアンに誰でもなれる5つの理由

03.人脈はいらない

WEBでの人脈はTwitterでのフォロワー数などではかれますが、ゼロからでも問題ありません。
フェイスブックの友達が多い必要もありません。
自分を信用してくれるファンは増やしていくことが重要になります。

ハイパーボヘミアンに誰でもなれる5つの理由

04.根性はいらない

何かを根性でやり遂げるようなことはありません。
そういう人は狩猟採集型のワークスタイルを選べばよいのです。
ハイパーボヘミアンは遊牧型。
自由に生きることを謳歌できるかどうかがポイントです。

ハイパーボヘミアンに誰でもなれる5つの理由

05.職歴はいらない

大手企業での経験はあまり役に立ちません。
会社の名刺を使って稼ぐのは大して難しくありません。
ハイパーボヘミアンになるには、自分ひとりで稼ぐ力さえあればいいのです。

ハイパーボヘミアンに誰でもなれる5つの理由

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回、ハイパーボヘミアンは誰でもなれる理由をご紹介しました。
ハイパーボヘミアンになるのは、難しくありません。
僕自身、何も持っていないところからスタートしました。
ハイパーボヘミアンになるというと上司や家族は反対するかもしれませんが、気にしなくて大丈夫。
本来的には、自分の人生を信頼してあげられるのは自分しかいないのです。
最後に、高橋歩氏の本を紹介します。

はじめて彼と会ったとき、「自由すぎるな」という印象を受けました。
早くからボヘミアン的な働き方を実践した日本人のひとりです。

大人がマジで遊べば、それが仕事になる。

関連記事

  1. 【 サイドハッスル 】 ガチで稼げるアイデア5選

  2. 【 2つの人生の楽しみ方 】思い通り派?おまかせ派?

  3. 【 デキる男の持ち物 】かっこいい必須アイテム3選

  4. 自分メディアの作り方のコツはリアル体験にアリ!

  5. ハイパーボヘミアンになるために僕が最も影響を受けた本

  6. デザイン思考は企業変革の核となるか?

  7. 【 MONOLESS 評判 アプリ 】収納サービスで旅をするように暮らそう!

  8. ハイパーボヘミアン になりたい人に捧ぐ名言5選

  9. 企業オウンドメディア成功事例|拡散の鉄則はこれだ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP