会社を辞めたい時に心に響く偉人の名言

会社を辞めたい時に心に響く偉人の名言

人生における仕事のウェイトは精神的にも非常に大きいもの。
「仕事がつまらなくてもプライベートが充実してればそれでいいや」と考える人もいない事はない。
ただ、仕事に大きなストレスがあれば、プライベートまで充実しにくくなるのが現実。
仕事の責任が重くなれば、家族といるときでも、いつでも仕事のことが頭から離れなくなるなんていう事態に。
ということで人生を充実させたければ、ビル・ゲイツなどの偉人の名言をヒントに「楽しくするコツ」を会得しよう。
では、どうして仕事を楽しいと感じられないのだろうか。それはあなたの仕事内容と職場環境が以下の3つの条件を満たしてしまっているからだ。

会社を辞めたい3つの条件

1. 何かに影響を与えている感覚がないため

自分がなにかをコントロールする立場にあり、自分の仕事が社会に影響を与えているという感覚は、健康や幸福にプラスに働くことが科学的に示されている。
ハーバード大学の心理学者ダニエル・ギルバート氏の「明日の幸せを科学する」によると、影響をおよぼすことは、人間の脳に生まれつき備わった基本的な欲求の一つであり、乳児期以降の私たちの行動の大部分は、コントロールへの強い嗜癖の現れの表れ。
では、ではどのように充実感を得るのだろう。
それは、「人のために生きること」です。本来的には、このこと以外に充実させる方法はないと言っていい。
たとえば、「朝早く出勤し、職場の整理整頓をする」といったことから、驚くほど充実感を得やすくなる。

仕事が楽しくなるヒント

アインシュタインの名言
『人生は胸おどるものです。そしてもっともワクワクするのは、人のために生きるときです。』

2. 承認欲求が満たされていないため

あなたの人生はは限られた時間しか保有していない。
それを他人の承認を得るために使うのは、あまりにもったいない。
最も重要なのは、自分の直感を信じる勇気を持ちつこと。自分の人生を100パーセント信頼しきることです。
失敗したら、そこから学び、何度でも這い上がればいいのです。
慣れるまで、それ以外のことに囚われないように気をつけましょう。

仕事が楽しくなるヒント

スティーブ・ジョブズの名言
『あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。』

ビル・ゲイツの名言
『いまは楽しいから仕事をしている。そういう意味では、私のビジネスのやり方は、クイズに挑戦するのとあまり変わらないかもしれない。だからといって、遊び半分のいい加減な気持ちでビジネスをやっているわけじゃない。でも、創造的なやり方で立ち向かえば、人生はずっと楽しくなる。』
『しばしば、直観が頼みの綱になる。』

『成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。』

3.「自分の居場所がある」という感覚を持てないため

所属感への欲求は人間の本能であり、所属の感覚があってはじめて共同体への貢献の感覚を持つことができる。貢献の感覚とは「自分が自分の能力を使って、仲間のために役に立つことができる」という感覚で、そんな自分をさらに受け入れることができ、自己受容の感覚につながっていく。これで4つの感覚が一連のプロセスとなって回っていくことになる。
これは思考、行動の順に変革していくことで、環境が変わるということ。
環境から変えようとしてもムダな努力。

もし、パーハラスメントや陰湿ないじめが発生している場合は、すぐに退職もしくは休職しよう。

仕事が楽しくなるヒント

スティーブ・ジョブズの名言
『自分の居場所を自分でつくるんだ。』

まとめ

これらの条件が解消されればどんな仕事も楽しく感じられるはず。
名言をヒントにひとつひとつ捉えな直してみよう。

「やりたいことをやらなければ仕事は楽しめない」と思っている人がいるかもしれないけれど、必ずしもそうじゃない。
やりたいこと探しを続け、路頭に迷うより、会社を辞めたい3つの条件を1つでも多く解消できるよう捉え直した方がよほど良い。自分の行動が誰かに影響を与えているという感覚をもつことができ、チームメンバーにあなたの能力や才能が認められり、職場に自分の居場所を感じられれば、どんな仕事も楽しく感じられるもの。

最後、ビル・ゲイツの名言をもうひとつ紹介しよう。

ビル・ゲイツの名言
積極的に考え、積極的に行動する人ほど、積極的に遊び、積極的に心身を癒している。
つまり、仕事が充実している人間ほど余暇も充実しているということだ。

関連記事

  1. 【 子どもプログラミング学習 】自宅でプログラミング教室を実践してみた!

  2. Googleが検索アルゴリズム改善「キュレーションサイト」がランクダウン

  3. 検索アルゴリズム変更で気をつける3つのこと

  4. ビル・ゲイツが大学生に「人工知能・エネルギー・バイオテクノロジーのどれかを学べ!」とアドバイス。

  5. 「人工知能時代を生き抜く子どもの育て方」書評・レビュー【 おすすめ 本 】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP