トヨタがカーシェアサービス「Hui」を展開

「Hui」のサービス内容

トヨタ自動車株式会社は、モビリティサービスプラットフォームを活用したカーシェアサービス「Hui」を、米国ハワイ州で開始。サービスの運営は、米国ハワイ州のトヨタ販売代理店であるServco社が担う。 トヨタは、北米におけるコネクティッド分野の戦略事業体Toyota Connected North AmericaがMSPFの一機能として開発したカーシェア事業用アプリケーションをServco社に提供し、サービスの運営をサポートする。 基本的には、有名な「Zipcar」やGeneral Motorsの「Maven」のような既存のカーシェアリングシステムに類似している。

「Hui」で可能なこと

  1. スマートフォンのアプリを通じて、ホノルル市内にあるステーション25か所からプリウスなどのクルマを、24時間いつでも、時間または日にち単位で借りることができる
  2. ガソリン代や保険料などが全て基本料金に含まれるため窓口での手続きが不要で、登録から車両予約、利用、支払いまでの一連の操作を全てアプリ上で行うことができる
  3. 車両に搭載された「スマートキーボックス(SKB)」により、利用者はドアロックの開閉やエンジンの始動もスマートフォンで行うことができる

「Hui」のサービス料金体系

「ELITE」プラン

月額14.95ドル(約1660円)の会員料金が必要。 自動車をレンタルする際には、選択した車種に基づく料金を支払う。

※最初の3カ月間は免除される。

「FREEDOM」プラン

1時間9.95ドル(約1100円)または1日79.60ドル(約8820円)からで使った分だけ支払う。

対象車種
  • Prius
  • Prius Prime
  • Camry XSE
  • Lexus RX350
  • Lexus RX F Sport

※1時間や1日あたりのレンタル料金が高くなる。

オプション

下記のオプションが料金に含まれる。

  • 車両保険
  • 24時間体制のロードサイドアシスタンス
  • 税金
  • メンテナンス費
  • ガソリン代

対象端末

  • iOS
  • Android

その他の詳細

DriveHui.comを参照。

利用イメージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. MaaSプラットフォームは誰が担うのか

  2. 「CREW」那須で実証実験をスタート

  3. タクシー配車アプリ「S.RIDE」がグッドデザイン賞受賞

  4. 「ridenow」カーシェアサービス開始

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 加速する自動車業界のサブスクリプション
  2. 【 インシュアテック 】進化する自動車保険
  3. MaaSプラットフォーム構築に向けての動き
  4. ウェイモが開始した「自動運転タクシー」
  5. 東京2020オリンピックを多様なモビリティでサポー…
  6. DiDi、ゼンリンと業務提携の裏側
  7. 「MaaSを日本の主力産業にする」モネ・テクノロジ…
  8. 【 東京モーターショー2019 】トヨタがコンセプ…
  9. ルノーがモビリティサービス統合、新会社を設立
  10. MaaSプラットフォームは誰が担うのか

人気記事

  1. 2位

    MaaSとは

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP