「ridenow」カーシェアサービス開始

「ridenow」とは

RIDENOWは9月18日、共同使用契約に基づく個人間カーシェアサービス「ridenow(ライドナウ)」の提供を開始した。「ridenow」は、2017年にトヨタ自動車株式会社が開催したオープンイノベーションプログラム「TOYOTA NEXT」で選定された個人間カーシェアサービス「シェアのり」事業を松前屋株式会社から譲り受け、新たに開始するカーシェアサービス。愛車というクルマがもっと多くの人に活用され、そして愛される世の中をつくりたいという気持ちから生まれた。

サービス概要

いろんなクルマに気軽に乗れて無駄なく使えるカーシェアサービス。プラットフォーム手数料無料だから、ドライバーはいろんなクルマにお得に乗れて、オーナーは眠っているクルマを無駄なく活用。利用料金はすべてオーナーに届く。これまではクルマはお金がかかるばかりだったが、これからはクルマは手軽に活かせ、無駄なく所有ができる時代になったという。法人の車両所有のコスト削減にもつながる。ティザー映像によれば、保有されているクルマの95%は使われずに眠っているとのデータに基づくと述べられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. MaaSプラットフォームは誰が担うのか

  2. タクシー配車アプリ「S.RIDE」がグッドデザイン賞受賞

  3. 「CREW」那須で実証実験をスタート

  4. トヨタがカーシェアサービス「Hui」を展開

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 加速する自動車業界のサブスクリプション
  2. 【 インシュアテック 】進化する自動車保険
  3. MaaSプラットフォーム構築に向けての動き
  4. ウェイモが開始した「自動運転タクシー」
  5. 東京2020オリンピックを多様なモビリティでサポー…
  6. DiDi、ゼンリンと業務提携の裏側
  7. 「MaaSを日本の主力産業にする」モネ・テクノロジ…
  8. 【 東京モーターショー2019 】トヨタがコンセプ…
  9. ルノーがモビリティサービス統合、新会社を設立
  10. MaaSプラットフォームは誰が担うのか

人気記事

  1. 3位

    MaaSとは

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP