タクシー配車アプリ「S.RIDE」がグッドデザイン賞受賞

「S.RIDE」が評価された点

タクシー配車アプリ「S.RIDE」を展開するソニー系のみんなのタクシー株式会社は2019年10月4日、同アプリが2019年度のグッドデザイン賞を受賞したことを発表。「ユニークかつ有効であると感じた」と評価が高かった。具体的には審査員からは下記の内容が評価された。

  • アプリを起動後にワンスライドで配車可能なシンプルな操作性
  • 現在のタクシーに搭載されている機器を問わずに導入や運用が可能である点

みんなのタクシー会社には東京都内のタクシー会社5社が参加しており、5社が保有するタクシー車両は1万台以上だ。S.RIDEには2019年度内に、タクシーの運転手向けにAI(人工知能)を活用した「需給予測サービス」も実装される予定。
これからのMaaSにおけるサービス開発は、このように操作性や導入コストの低さといったデザインを追求することが必要だ。

S.RIDE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. トヨタがカーシェアサービス「Hui」を展開

  2. 「ridenow」カーシェアサービス開始

  3. 「CREW」那須で実証実験をスタート

  4. MaaSプラットフォームは誰が担うのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 加速する自動車業界のサブスクリプション
  2. 【 インシュアテック 】進化する自動車保険
  3. MaaSプラットフォーム構築に向けての動き
  4. ウェイモが開始した「自動運転タクシー」
  5. 東京2020オリンピックを多様なモビリティでサポー…
  6. DiDi、ゼンリンと業務提携の裏側
  7. 「MaaSを日本の主力産業にする」モネ・テクノロジ…
  8. 【 東京モーターショー2019 】トヨタがコンセプ…
  9. ルノーがモビリティサービス統合、新会社を設立
  10. MaaSプラットフォームは誰が担うのか

人気記事

  1. 3位

    MaaSとは

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP