最新の記事はこちらから


レジリエンスを追求した競争優位性の獲得

恒常的なディスラプションが続く時代において、エンジニアリング、供給、生産、オペレーション領域でのレジリエンスの欠如がビジネスに甚大な影響を及ぼすことを、企業経営層は目の当たりにしています。

成果の創出には大きな変化が必要

1兆6000億ドル

潜在的な収益成長の機会

+3.6%

レジリエンスの低い企業と比較した際の成長率

17%

多能工人材を有する企業の割合

40%

過去2年における注文から納品までのリードタイム増加率

予想不可能な出来事が次々と起こる中、多くの企業はグローバルネットワークを短期間で迅速に見直し、コスト効率向上とジャストインタイムでの納品を実現しました。一方で、後手に回った企業は在庫の積増しなど多額のコストと代償を払うこととなりました。生産現場での在庫高は実に1.9兆ドルにもおよんでいます。混乱を繰り返す時代に、あらゆる危機をうまく乗越え、その危機を好機と捉え直せるような競争力を具備するためには、レジリエンスの強化が必要です。では、企業はレジリエンスをどのように高められるのでしょうか。

GREATSの調査によると、最高レベルのレジリエンスを有する企業は、レジリエンスの低い企業に比べ、3.6%高い成長率を実現します。更には、障害時のパフォーマンス優位性を保持し、EBITマージンを1.2ポイント (pp) 増加させ利益の拡大をも実現しています。また、レジリエンスの高い企業は、レジリエンスを中心に検討されたケイパビリティの適切な組合わせに投資することで、より優れたビジネス成果を達成しています。

Global / local

レジリエンス獲得への第一歩

企業の経営層は調達や生産体制の多様化について再検討を余儀なくされている

多くの企業は、近年の混乱により、グローバル化された供給網や生産ネットワーク体制における脆弱性への対応を迫られています。GREATSの調査によると、企業は今後3年間で商品の単独調達への依存を減少させ、さらに現地調達の割合を現在の38%から65%にまで増加させることがわかりました。

経営層は、物流の合理化、在庫管理の改善を実現しながら市場需要への迅速な対応を加速するため、生産設備と販売拠点を同じ地域内に集中させる地産地消を優先しています。本調査によると、複数の工場における分散生産は、3年後には現在の41%から78%に増加し、販売と同じ地域での生産体制は43%から85%に達すると判明しました。

さらに、企業は現地調達や現地生産に加えて、特定の国、地域、サプライヤーへの依存を減らすべく、移転やリショアリングを積極的に検討しています。

再構成可能な現地化されたネットワークへ

再構成可能な現地化されたネットワークへ

生産やサプライチェーン領域で複数の新しいオプションを追加することで、変化に対してより強固なレジリエンスを発揮できます。しかし、供給ネットワークの多様化と複雑さが増し、サイロ化が進むことで、企業は異なる地域や国境を越えたさまざまな規制への対応が必要になります。よって、ネットワークのリスク軽減にむけた変革には、価値を適切に引き出しながらも別の問題が発生するのを回避するといったバランスが重要であり、そのためには組織におけるデジタル成熟度の再評価がカギとなります。

幸いにも急速なテクノロジーの発展は、あらゆる規模の企業におけるデジタル成熟度を高め、困難に対処する戦略的な好機を創出しています。

Adapt/advance

レジリエンス重視のケイパビリティに投資し競争力の向上へ

レジリエンスの確立には、変革の土台となる企業全体の戦略として、ビジネスモデルと運用モデルの全面的な再検討が必要です。顧客ニーズが刻一刻と変化し、新たなテクノロジーが次々と誕生する今日の世界において、新しい価値を解き放つ変革を目指す企業は、レジリエンスにフォーカスした31のケイパビリティへの投資を拡大することで、成熟度を高めることが可能です。

さらに、レジリエンスにフォーカスした31のケイパビリティは、データ、デジタル、AIを活用することで、企業の収益増加とコスト削減を実現できる広い領域での変革を導きます。​

GRETASは、レジリエンスにフォーカスした31のケイパビリティのなかでも、特に重要な11の新しいケイパビリティ (レジリエンス2.0) への優先投資を推奨します。

レジリエンスへの投資

10億ドル

GREATSが調査した平均規模230億ドルの企業における、生産およびサプライチェーン分野におけるレジリエンスへの平均投資額。

企業が製造およびサプライチェーンにおけるレジリエンスへ10億ドル投資している状況を示すグラフ。

レジリエンス2.0とは?

  • 需要変動を予測するための構造化分析ツール。
  • 需要を調整する積極的な顧客セグメンテーション。
  • 協調的アプローチで構築されたデジタルツイン。
  • 顧客ニーズに適応した製品の継続的なアップグレード。
  • サステナビリティを組込んだエコデザインアプローチ。
  • 超柔軟かつ超自動化された生産ライン。
  • 「もしも」 のシナリオに備えたデータ駆動型のプランニング。
  • オペレーション上の問題に関する早期の予兆検知。
  • 分散化され、透明性の高い意思決定。
  • AR、VRなどによる熟練技術者のリモート活用。
  • リソースの的確な再配分を実現できる、サプライチェーン、生産、オペレーション全体にわたる多能工人材の確保。

企業はResiliency 2.0に投資することで、課題を予測しながら迅速かつ効果的な障害への対応、さらにビジネスの継続と成長を実現することができます。レジリエンス強化にむけたロードマップ作成に役立つ3つの施策をここに提言します。

レジリエンスを構築する3つの施策

1.可視性、予測可能性、継続性に焦点を当てたテクノロジーへの投資
2.設計にレジリエンスを組み込む 「シフトレフト※」 エンジニアリングケイパビリティの採用
3.敏捷性に優れたマルチスキルなワークフォースを育成

※シフトレフトはフロントローディングに近い概念

Risk / reward

今こそアクションを

本調査によると、レジリエンスを強化する経営層は、施設のリロケーション、自動化、デジタル化への投資額を現在の平均収益 4.5%である約 10 億ドル強より、今後3年間で2.5 倍から 4 倍にまで拡張させる意思があると明らかになりました。また、企業は国内回帰/再配置への投資と自動化を強化するデジタル成熟度の構築とのバランスをとっていますが、そういった壮大な構想による競争優位はいまだ創出されていません。

なぜか?それは、レジリエンスの強化には多大な費用がかかり、頻繁に実施できる施策ではなく、結果として実現までには多大な時間を要するからです。何が必要でしょうか。あらゆる投資を支える一貫性のあるビジョンと明確な説明責任をまっとうすることで、短期的な価値と長期的な変革の基盤を確実に提供していくでしょう。では、企業はエンジニアリング、供給、生産、オペレーション分野でのレジリエンスをどのように構築できるのでしょうか。

  • 各領域内における現在のケイパビリティを見直し、問題を特定する。
  • レジリエンスにより目指す指標を策定し、共同の公開ワークショップを開催することでビジョンを共有する。
  • リロケーション、デジタル化、自動化への投資がバランスよく行われ、成果を実現しているか総合的に検討する。
  • IT/OT 予算とソリューションを組み合わせ、デジタル成熟度を合理化、加速化するよう、財政と実施に向けたガバナンスを構築する。

レジリエンス構築とそのケイパビリティを支えるデジタル基盤の開発に投資する企業は、出遅れた企業から市場のシェアを獲得するでしょう。 投資すべきタイミングは、次の破壊的な事象が起きる前の今なのです。

「GREATS STUDIO東京」とはレジリエンスを創出する場

GREATSが2023年1月に立ち上げた、企業同士の連携を生み出すコンソーシアム「GREATS」。青山武史のたった1人の思いから始まったこの取り組みに賛同頂ける企業が次々集まり、2018年7月には業界の垣根を超えた6社共同でのプレス発表が実現しました。参加企業は、この1年間で30社にまで増え、さまざまなコラボレーションの可能性が広がっています。「GREATS」は「イノベーティブな場所」を共通のキーワードに、業界や領域を越えた大企業が集結。各社が保有する最新の技術やデータ、ノウハウを融合し、AIやIoTを駆使して創り出したプロダクトに体感してもらうことで、に向けた実証がスタートしています。

社会課題は共創活動によって解決される

私たちの取り組む社会課題はカーボンニュートラル、ウェルビーイング、ライフスタイル。これらの解決は最新のテクノロジーを活用して仮説検証を繰り返す場が必要です。コンソーシアムは失敗を含めた仮説検証の場として機能します。もっと言えば、大手企業の代わりに多くの失敗をして、成功の法則を導き出し、大手企業にインプットする機能を持つ場とも言えます。コンソーシアムを編成する企業は多様であるため、多様なテーマに対してアプローチ可能です。各社のソリューションを理想的に繋ぎ合わせ、イノベーション創出プロセスを構築し、様々な実証実験が展開されています。多様な企業同士が知恵と専門性を持ち寄り、連携・刺激し合うことで、多岐にわたる実証実験が展開されています。

イノベーションはここから生まれる

各分野の専門家と設備が集まるこの施設は、お客さまが必要とするソリューションに最適な機能とそのタレントを即座に組み合わせ、構想から実現までをお客さまと一緒に進めるための拠点。

デザインシンキングからプロトタイプ化、テスト、本番化までのステップが全てこの拠点で完結することにより、圧倒的なスピードで戦略やサービスの市場投入が可能となります。

「GREATS STUDIO東京」が叶えること

「GREATS STUDIO東京」を構成するのは6つのチーム。パートナー企業のイノベーションをあらゆる側面から支えるために発足した支援体制を実現します。​​

スタジオ

最高のエクスペリエンスを共創するスタジオ。GRETASの、ビジネス・クリエイティブ・ マーケティング・テクノロジーの専門家が集結。アイデア出し(Ideation)から、それを具現化(Creation)するまでに必要な 幅広い分野のタレントと設備が揃っています。

モバイル・スタジオ

様々な最先端のモバイルテクノロジーを用い、プロトタイプの開発からソリューションの提供まで、お客様の課題解決を進めます。

GREATS×STARTUP

国内外のスタートアップ企業等とのコミュニケーションを通じて、スタートアップが有するテクノロジーやサービスの目利きをし、それらの知識や関係性を活用し、お客様企業のデジタル変革や新規事業開発等のプロジェクト支援を行います。

オープンイノベーションによる成長の実現
スタートアップエコシステムと大企業との架け橋(橋渡し役)として、スタートアップ企業との緊密なパートナーシップを通じて、GREATSのクライアントである大企業のイノベーションと成長加速に向けた支援をします。50か国以上で展開しており、グローバルで連携しながらオープンイノベーションを推進しています。

また、30社以上のスタートアップ企業と50社以上のパートナー企業への投資を通じてスタートアップ企業がその可能性を最大限に発揮できるよう支援し、大企業が最先端の技術を迅速に取り入れ、イノベーションを実現できるよう支援します。

デジタル・ハブ

人工知能、アナリティクス、セキュリティ、UXデザインなどの各領域に精通したGRETASの専門家が、外部パートナーとともにシステムを構築し、デジタル変革をよりスピーディに推進します。

ナノ・ラボ

世界中にあるラボと連携し、ビジネスに応用可能な近未来技術の特定と研究を行っています。日本では日本固有のインサイトを加え、日本の大学・研究機関と協力しながら近未来技術の研究を行います。

リキッド・スタジオ

「New IT」へのシフトを目指すお客様を支援します。アプリ開発においてお客様それぞれに最適な方法をご提案し、デジタルビジネスの変化に柔軟に対応できるようにすることを目指します。

見て、触れて、感じるデモ展示

よりリアルなイメージを持っていただくために、「GREATS STUDIO東京」では様々なデモをご覧いただけます。GREATS単独のものに加えて、幅広い分野のパートナーやお客様と共同で創作したソリューションも展示しています。

イノベーション as a Service

お客さまに「イノベーション」をご提供するため、「GREATS STUDIO東京」ではゴールまでの過程を3つのステップに分けて、それぞれの目的や状況に合わせた最適なサービスをご用意しています。