DeNAが語るモビリティの新たな取り組み

DeNAがカンファレンスに登壇

名古屋で行われた次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2019 秋にて、(株)ディー・エヌ・エーのオートモーティブ事業本部 シニアマネジャー國松 健治は2018年より実証実験向けに実施している携帯電話網を用いた信号情報の配信を始めとした、自動運転、コネクテッドカー時代におけるモビリティ関連サービスへの取組みを紹介した。

カンファレンスで語られた内容

DeNAはDelightというコンセプトを重要としており、ロゴにもその意思を込めている。コンセプトの基づく行動として社会課題の解決に注力しており、近年ではAI研究や自治体との連携を進めている。これはモビリティ革命の実現に貢献する意思表明とも捉えられる。強みとしてはAI技術とパートナリング、そして事業化能力。大規模データを基盤に強みを活用してサービス化していく方針のようだ。

MOVの躍進

その中でも特に注力しているMOVについては、タクシー会社への営業、アプリと乗務員端末との連携を促進。「お客様探索ナビ」という需要予測ができるところまでこぎつけている。またエニカでは、貸主と借主を評価する仕組みで差別化。DRIVECHARTでは、AIとIotを活用した事故削減支援サービスを実施。信号感知システムでは、インターネット回線と専用無線装置を用いて実証実験を行い、信号が変わると自動に発車、停車することが可能となっている。驚くべき速さでサービス開発を進めているので、今後も目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スマートドライブが目指すもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 加速する自動車業界のサブスクリプション
  2. 【 インシュアテック 】進化する自動車保険
  3. MaaSプラットフォーム構築に向けての動き
  4. ウェイモが開始した「自動運転タクシー」
  5. 東京2020オリンピックを多様なモビリティでサポー…
  6. DiDi、ゼンリンと業務提携の裏側
  7. 「MaaSを日本の主力産業にする」モネ・テクノロジ…
  8. 【 東京モーターショー2019 】トヨタがコンセプ…
  9. ルノーがモビリティサービス統合、新会社を設立
  10. MaaSプラットフォームは誰が担うのか

人気記事

  1. 3位

    MaaSとは

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP