最新の記事はこちらから

ライフスタイルメディアプラットフォーム

多面的なメディア プラットフォームになることで、パートナーは消費者の購買行動や好みのエクスペリエンスを中心に構築された収益化されたサービスを提供できるようになります。完全デジタルへの道は、補完的なサービスとエッジ サービスを単一のプラットフォームに組み合わせる戦略的な取り組みです。より多くの消費者が購読し、企業が差別化された製品を提供するにつれて、得られる指数関数的な価値がコストを相殺します。
エコシステム パートナー、コンテンツ作成者、配信者からなるこのより複雑な世界では、ユーザー エクスペリエンスはデバイスや市場全体で統合されています。ライフスタイル メディア プラットフォームは、e コマースやその他のサブスクリプションなどの複数のサービスを提供する単一のデジタル ソースをさらに深く掘り下げる機能を消費者に提供します。

強力で技術的なアーキテクチャ

コンテンツへの投資はますます重要になるでしょう。メディアは視聴者を引き付けるために使用され、データはより多くのパートナーを引き付けるために使用されます。ライフスタイル メディア プラットフォームは、デジタル マーケティング、ターゲットを絞った広告、SVOD 製品、および機敏でありながら強力な技術アーキテクチャにも投資する必要があります。消費者メディア企業と同様に、収益は「非メディア」関連の取引手数料に加えて、B2C サブスクリプションが中心です。B2B アフィリエイトの運送費やデータの収益化も収益の原動力ですが、プラットフォームのネットワーク効果やパートナーの拡大により、収益に占める広告の割合が大きくなります。

明日のメディア企業のための究極のプラットフォーム

デジタル メディア プラットフォームは、コンテンツ クリエーター、ディストリビューター、パートナーの広大なネットワークによってサポートされており、市場の変化に迅速に対応し、さまざまな基本サービスとプレミアム サービスにさまざまな価格設定パッケージを提供し、使用状況データと分析に基づいてリアルタイムで意思決定を行うことができます。パブリッシャーと開発者のネットワークを活用します。

ライフスタイル メディア プラットフォームは、自動化、機械学習、AI を採用することで、消費者の購入プロセス、製品の特徴、コンテンツのターゲティング、資本投資戦略をより迅速に評価し、改善に取り組むことができます。

従来の放送、番組とパッケージング、製品管理、デジタル マーケティング、コンテンツ カタログのグルーミングと委託、広告の収益化 (リニアとデジタルの両方) に関する価値のあるバンドルを提供することで、消費者メディア企業になりましょう。

収益の大部分は B2C のサブスクリプションと取引手数料から得られますが、ビジネスの B2B 側は、広告収入、限られたアフィリエイト配送料、監視会社にとって重要なデータ結果を提供します。

適切なテクノロジー環境が重要

競争力を維持するには、コンテンツ (制作、権利など) と顧客獲得 (デジタル マーケティング、キャンペーン) に対する慎重な投資戦略が、適切なテクノロジーによってサポートされている必要があります。消費者メディア企業のテクノロジー環境には、SVOD プラットフォームと、成長に合わせて拡大する堅牢なエンタープライズ アーキテクチャが含まれます。

細分化・多次元化した環境に向けたメディア戦略

現在のメディアのあり方に改革が必要であることを、消費者は明確に示しています。視聴者の関心が急速に細分化される中、ビジネスモデルは四面楚歌の状態にあります。バンドルされたケーブルTVのような体験型サービスが復活し、多様な収入を得る非メディア系の競合他社が、従来のメディアのパラダイムを覆しつつあります。

メディア体験を統合的にとらえ、多次元的な世界に素早くフィールドを移し、価値の経済性を正しく理解する企業は、成長において最も優位に立つことができるでしょう。メタバースの夢と不況が交錯する中、前進するためには、消費者に対する深い洞察から始める必要があります。

データが中心となる

データはこの価値戦略の中心人物となり、製品の改善、統合された顧客の購入プロセス、コンテンツへの投資、機械学習、マーケティング、運用の効率性を知らせる洞察を提供します。これらのメディア企業は、視聴者を取り込む能力によって判断されますが、デジタル面では、成長のシグナルには加入者のエンゲージメント、そして最終的には顧客の生涯価値が含まれます。データの利活用によって、パーソナライズされたサービスが増え、私たちの生活は豊かになってきました。一方、データの増大化、多様化による事業開発のコスト増なども懸念されています。より私たちの生活が彩り豊かになる、未来のライフスタイルのかたちとは何かを追求します。近年、健康管理アプリやウェアラブルデバイスなどを通して、膨大なヘルスケアデータが得られるようになっています。こうしたデータの利活用が進めば、新たな製品・サービスの開発につながるほか、一人ひとりの健康状態や生活習慣に最適化されたケアや病気の予防が可能になるでしょう。一方、日本では医療機関でのDXが思うように進んでおらず、医療データを利活用する環境が十分に整っていない側面も見受けられます。私たちは安全性を確保しながら、どのようなライフスタイルを形成し得るのかがテーマとなります。

総合すると、消費者の態度や好みのこれらすべての変化は、柔軟な価格設定と、シンプルさ、カスタマイズ、さまざまなコンテンツとサービスの適切な組み合わせに対する消費者のニーズを満たす、エンゲージメントの機会の多様性と広範なエコシステムであるエンターテイメント プラットフォームの必要性を示しています。支払い。

実際、消費者の 86% は、必要なすべてのサービスを 1 つのプラットフォームで提供できる 1 つのアプリに興味があり、41% がそれに料金を支払うことに興味があると回答しています。また、大多数の消費者は、通常のストリーミング ホームページから他のサービスに直接アクセスできることにも価値を感じています。70% が音楽、63% が Web ブラウジング、62% が e コマース、60% が家族や友人とのつながりです。

これらのプラットフォームは、メディア企業に収益の安全を提供し、消費者に論理的なエクスペリエンスを提供します。しかし、これらのプラットフォームが登場したとき、業界にはどのような役割が存在するのでしょうか? GREATSでは、メディアの再発明のための 3 つの集約の役割と、その中心となるビジネス戦略、革新的な収益化の機会、収益性を重視した KPI を調査しながら、消費者のライフスタイルをバックアップするビジネスを支援します。

カスタマーエクスペリエンスとは

カスタマーエクスペリエンス(CX)=顧客体験

言葉の誕生は意外と古く
1982年の論文「Journal of Consumer Research」で紹介
“a whole event that a customer comes into contact with when interacting with a certain business”
(顧客がある企業と接点を持つときに体感するイベント全体のこと)

出典:DataVehicle「CXとは?なぜ今CXが話題なのか歴史的背景も絡めて具体例を解説。」

ビジネス用語として普及したのは2000年代
スマートフォン・ネット普及による顧客接点の増加

よく比較されるのがUX(User Experience)

また、デジタル化が進む中で、よりよい顧客体験のために
オンラインとオフラインの融合が進む

データドリブンマーケティング


顧客のライフスタイルを可視化し、カスタマーサクセスを実現

消費者が商品を選ぶにあたり、ライフスタイルに合っているかどうかは重要な要素

出典:CHEETAH DEGITAL「不確実な時代を乗り越えるマーケティング戦略大転換のヒント」

出典:NielsenIQ「The rise od premium private label and its impact on discount retailers」

人流データ活用

デジタル化により実店舗における利用者行動が解析可能

デジタルマーケティングデータを活かした新たなビジネスモデル

●RaaS(Retail as a Service)

店舗スペースを区間で区切り、サブスクリプション形式で出店料を得て商品を販売。在庫管理や物流、マーケティングサービスとセットで提供する。

●インキュベーション

小売業としてのリソースを活用して事業の創出や創業を支援

良い顧客体験を生み出すために
リアルとデジタル両方の購買、人流データなどが活かされている

日常のこころ高鳴る体験


オンライン、オフラインを越境し、購買体験に喜びを

2025年には労働人口の50%はミレニアル世代※1以降の年代に
※1:1981年以降に生まれ、2000年代に成人を迎えた世代。

出典:三菱総合研究所「『ミレニアル世代』が変える働くことの意味」

ミレニアル世代、Z世代の特徴

●デジタルネイティブ
●ダイバーシティの重視
●シェアエコノミーの積極的な活用

価値観の変化の中で、「モノ」だけでなく「コト」や「イミ」が求められるように

そのため、買い物体験のそもそもの価値を高めるための施策が取り入れられている

●リテールテイメント

実店舗での購買体験にエンターテインメント要素を取り入れた概念。商品を手にして試すだけでなく、その店舗でしかできない体験をさせることで、購買意欲をかき立てたり、ロイヤリティーを醸成。オンラインとオフラインを融合するためのさまざまな工夫もされています。

●レコメンデーション

ユーザーの過去の購入履歴や閲覧履歴(ライフログ)をアルゴリズム解析し、利用者の好みにあった商品をおすすめすること。

●ロイヤルティープログラム

企業へのロイヤルティーを高めるため一般顧客とロイヤルカスタマーを顧客体験の上で区別するためのさまざまな施策。

●リテールメディア

店舗を消費者と直接つながるためのメディアと捉え、売り場で得られるデータを活用して広告を効果的に配信する仕組み。

顧客満足度を上げる接客支援

スタッフの負担を減らしながら、顧客の体験をよりよいものに

消費者行動が変化する中で、接客のあり方も変化
4人に1人が宅配サービスやフードデリバリーを活用

出典:Cross Marketing「宅配サービスに関する調査」

2020年2月以降、オンライン接客の利用者は約4割増

出典:ライフネット生命保険「オンライン接客に関する調査」

そんな中進むのが、テクノロジーを活用したオペレーションの効率化

次世代型ショップとしての無人店舗も登場

2014年、ShelfX社が開発した無人コンビニエンスストア。入店時には“Xcard”というプリペイドカードを振るか、クレジットカードをスワイプすることで入店が可能。客は店内で商品を選び、Xcardを振ることで購入、精算することができた。

ShelfX

2016年12月に発表された、Amazon社が開発した無人コンビニエンスストア。店内の複数台のカメラとマイク、赤外線や圧力、重量センサーなどで商品の移動や人の動きをトラッキングし、リアルタイムで専用アプリと連携させることで、店を出ると同時にAmazonアカウントで決済することができる。物流サービスとの融合により、店舗の役割も変化している。

Amazon Go

最終拠点からエンドユーザーへの物流サービス。ネット通販の普及やオムニチャネル化が進み、宅配やコンビニでの受け取りなど店舗以外での商品の受け取りが増えている。

●ダークストア

顧客の来店が想定されていないネットスーパー専用の物流センター。地代の安い場所に設置できたり、接客なしでピッキングできるという点で効率的。

●ラストワンマイル

効率化だけでなく、接客の価値向上にもテクノロジーを活用