最新の記事はこちらから

サーキュラーエコノミー実現に向けた取り組みについて

サーキュラーエコノミー(循環型社会)は、「大量生産」「大量消費」「大量廃棄」による問題を解決するための取り組みです。循環型社会の説明として「3R(Reduce、Reuse、Recycle」という言葉がよく出てきますが、3Rは廃棄物が出ることが前提となっています。一方で、サーキュラーエコノミーは廃棄物そのものを出さない社会を目指した取り組みです。「大量生産」「大量消費」「大量廃棄」を前提とする現在の経済システムは環境および社会の両面から考えても持続可能な経済モデルではありません。環境汚染や貧困、格差といった様々な問題解決のためにもサーキュラーエコノミーが必要なのです。私たちは、サーキュラーエコノミー実現のため、廃棄物削減に取り組んでいます。廃棄物を出さず循環する社会を目指し、再生ペットボトルを活用したリサイクルポリエステルを使用した製品作りのノウハウを提供しています。地球環境のため、そして次世代を担う子供たちのためにも問題解決に取り組んでいく所存です。

最新情報

#自動運転

#MaaS

#AutoTech