最新の記事はこちらから

ロボットとは何か

人と人との接触を減らすソリューションへのニーズが急速に高まり、最近はさまざまな場所でロボットが活躍している様子を目にするようになりました。例えば、飲食店でロボットによる配膳サービスを受けたことがある方も多いのではないでしょうか。今後もさらなる発展が期待されるロボティクス。


人間の代替から、人間の能力の拡張&超越へ

時代をさかのぼって1970年代。国内ではじめて産業用ロボットが使われ始めた当時は、徐々に高くなっていく人件費を抑えるために、工場で人間が担っていた作業を代替することがロボットには求められました。

その後1990年代に入ると、インターネットやコンピューターが広く一般に普及し始めたことで、知能・制御系の研究開発が一気に加速。さまざまなサービスロボットが開発され始め、2002年にアメリカで発売した家庭用掃除ロボット「ルンバ」は、現在にまでその人気が続く大ヒット商品となりました。2000年代後半にAIやディープラーニングの技術が花開いてからは、より多様なサービスロボットが登場し、さまざまな現場で使われるようになり始めました。飲食店や病院・介護現場で導入されている配膳ロボットもその1つです。こうしたサービスロボットはいまのところ、従来は人間がやっていた作業の一部分のみを切り出して代替しています。例えば、調理場で受け取った料理を客のいるテーブルまで運ぶところまではロボットがやるけれども、その料理を受け渡す動作は人間に協力してもらう、といった具合です。しかし将来的には、技術が発展していくにしたがって、ロボットが担える作業の幅が広がっていくのではないかと予測されます。そして現在は、人間の作業の代替だけでなく、人間の能力の拡張や人間には不可能な作業の遂行といったロボットの可能性に注目が集まっています。人間の能力を拡張するロボットとしては、力仕事をアシストする装着型のパワードスーツや、歩行や起立をサポートするロボット、遠隔手術を可能にするロボットなどが挙げられます。また、VRゴーグルのようなデバイスとセットで使うことで、拡張世界の情報によって作業の補助を行うようなロボットの市場も、これから拡大していくはずです。

宇宙空間や災害現場など、人間が作業を行うには大きな危険が伴う場所や、そもそもロボットにしかできない場所での作業にも、今後はますますロボットが活用されていくでしょう。人間の代替を目的として始まったロボットの開発は、いまや人間の能力の拡張と超越を目指しているのです。

スマートで拡張性の高いロボット

ロボットは人間の役に立つ一方、使いこなすのが難しくもあります。

特化しすぎた機能や不明瞭なプログラミング手続き等で、長年にわたってロボットはその真価を発揮できないでいました。

しかし、それは最近までの話。

近年、AI制御の自律型ロボットは導入しやすい価格を実現してきており、実用性も高まっています。これにより、「スマートな」ロボットを大規模に展開し、より複雑な作業に利用することが可能になりました。

この機会を見逃す手はありません。

よりスマートなロボットの力を活用する

安全性の向上

自律型ロボットは、アクセスすることが不可能な人命にかかわる危険な環境でも作業することができます。

コスト削減

ロボットの導入で、より速く効率的な点検が可能になり、大幅なコスト削減を実現できます。

効率性の向上

産業全体の機能とプロセスを自動化し管理体制を改善することで、ミスや作業のやり直しを減らすことができます。

生産性の向上

注文処理率、配送速度、そして最終的には顧客満足度を向上させることで、収益を向上させます。

定型作業の実行

人間と協働できるロボットは、効率を向上し、ミスを減らし、人間がより戦略的な作業に注力できるようにします。

人手不足への対応

ロボットは、人手が不足しがちな特定の作業でも役立ちます。

ロボット技術の可能性

2023年末までに、ロボットを活用する企業の50%がメンテナンス業務をサードパーティのプロバイダーに委託し、より迅速な対応、より高い稼働性、より優れた費用対効果を享受するようになると予想されます。

40%

世界の有力企業2000社(G2000)の産業用自動車メーカーの40%が、2023年までにロボットの30%以上をクラウドプラットフォームに接続するでしょう。

25%

大手小売店の25%が店内ロボットを導入し、2023年までに労働者の生産性を40%向上させるでしょう。

60%

G2000の石油・ガス・鉱業企業の60%が、2021年までに自律移動ロボット(AGVを含む)を導入し、総生産性を向上させるでしょう。

37%

ライフサイエンス、バイオテクノロジー、製薬企業の37%が、生産効率の向上、人的リスクの低減、費用対効果の向上を目的としたスマートファクトリーの取り組みを継続的に行っています。

自律型ロボットシステムを実現するオファリング

ヒューマンオーグメンテーション(人間の能力拡張)

「自律型ロボットシステムをどのように活用すべきか?」に応える以下の支援を行います。

  • ロボティクス戦略策定
  • サービスデザインと顧客体験
  • プログラムのスケールアップと変革

現場のロボット化

「自社に最適な自律型ロボットシステム配備の形は?」に応える以下の支援を行います。

  • ユースケース開発と実現
  • ソフトウェアプラットフォームとインジェスト&アナリティクス導入
  • プロトタイプとサイトプランニング作成
  • ロボットソリューションのプログラミングと最適化

ロボティクスの統合・最適化

「ロボットを最大限に活用するには?」に応える以下の支援を行います。

  • プラットフォーム、データ、ハードウェアの統合
  • 遠隔サポート・操作
  • カスタムアプリとインターフェイス実装
  • データセキュリティとリスク管理
  • OT/ITの統合