【 インシュアテック 】進化する自動車保険

インシュアテック(InsurTech)による自動車保険の変革

InsurTech(インシュアテック)とは

InsurTech(インシュアテック)とは、情報通信技術などのテクノロジーを活用し、保険の分野で革新的なサービスを生み出すことを指す。Insurance(保険)×Technology(テクノロジー)を組み合わせた造語。テクノロジーによって革新的な金融サービスを生み出すFinTech の保険版。InsurTech(インシュアテック)によって、保険会社は保険業務の効率化、革新的な商品を生み出すことや、コストの削減まで可能になると言われている。

注目を集めるIotによる保険事故予防

カメラやマイク、温度センサー、圧力センサー等、様々な種類のセンサーがインターネットでつつながる「Iot(Internet of Things)が、保険業界に大きな変化をもたらそうとしている。特にクルマと組み合わせた「コネくティッドカー」、住居と組み合わせた「スマートハウス」、さらにはウェアブル聞きを使った人の健康情報の利用が注目分野だ。近年、何か損害が起きた際にいち早く情報を入手するためにもIotを利用するだけでなく、Iotと危機対応を組み合わせることで、保険事故そのものを減らしていこうという事故予防的な取り組みがなされてきている。なぜなら、契約者にとっても保険会社にとっても保険事故の減少はメリットが大きいからだ。

保険会社の差別化要素

保険会社自身は、Iotセンサーやそれをつなぐネットワーク、情報を分析するシステム、プラットフォーム等を持たないため、これらを提供できるだけの企業とのアライアンスが必要となる。Iot機器ベンダーやネットワオークオペレーター、ロードアシスト企業、自動車メーカー等とのアライアンスにより、どのようなエコシステムを構築するかが、保険会社の差別化要素になるだろう。

自動車保険とコネくティッドカーの関係

一般的に自動車保険は、運転者の事故歴・年齢、使用地域などの契約者の個人属性や、車種、車齢、使用目的などのクルマに関する情報を組み合わせて、保険料を算出する。しかし、属性が似ていても実際の運転スキルは個人によって異なるため、運転者にとって保険料が適正かというところには大きな疑念と改善の余地が残されている。そこで、クルマにセンサーを装着して、運転者ごとのクルマの走行データを収集し、保険料に反映させる自動車保険が導入されつつある。こういった自動車保険は「UBI(Usage-Based Insurance)」や「テレマティクス自動車保険」と呼ばれており、特にアメリカでは、多くの保険会社が導入している。
UBIの契約者は、車載測定装置をクルマに装着してある状態にして、一定期間にわたって運転状況を計測する。計測するデータは下記のようなものがる。その結果、安全な運転を行う運転者の保険料は適正な価格に近づいていくことになる。

  • UBI計測データ
  • 加速
  • ブレーキング
  • 運転スピード
  • 距離
  • 駐車時間

コネくティッドカーとは

コネクテッドカーとは、ICT端末としての機能を有する自動車のことであり、車両の状態や周囲の道路状況などの様々なデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積・分析することで、新たな価値を生み出すことが期待されている。コネくティッドカーの活用は、自動車保険をインシュアテックにする環境をつくることなる。

クルマをコネくティッド化する方法

DCM(専用通信機)を装備する、もしくはコネクティッドカーのラインナップからクルマを購入することによりクルマがコネくティッド化する。収集したいデータの種類と費用を比較して決定する。現在のUBIは保険料を割り引くことが多いが、それだけでなくアメリカのスタートアップ企業MetroMileのように走行距離に応じて保険料を決定するサービスが広まりつつある。Metoronomeというデバイスが走行距離を測定し、リアルタイムに送られてきたデータをベースに保険料が計算される。日本ではトヨタが提供するT-Connectサービス「つながる自動車保険」がこれに当たる。今後、モビリティ社会が構築されると自動車保険のあり方は大きく変革すると思われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青山 武史

略歴

1977年生まれ。1998年にJ-Groupホールディングスに入社以来、ブランドマネージャーとしてマザーズ上場に貢献後、観光業界を中心に事業再生、戦略立案、M&A戦略立案、ビジネスデューデリジェンス、新規事業開発、組織変革等の業務に従事。2012年よりJBR事業部長に就任し、マーケティング部門を統括。2018年よりエイチームにてPMとして新規事業の立ち上げに携わる。。不動産、生活関連、物流業界でインターネットを軸にビジネス開発を行った経験をもとにモビリティ革命を推進する活動に邁進する。企業への戦略コンサルティング実績多数。

関連記事

  1. プラットフォームの価値を収益化する方法

  2. 加速する自動車業界のサブスクリプション

  3. MaaSプラットフォーム構築に向けての動き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. オプティマインドのラストワンマイル革命
  2. シンガポールで世界初の航空タクシーVoloPort…
  3. ヨーロッパで進むモビリティ革命
  4. Lyftが米国とカナダでMaaSを実現
  5. ラストワンマイル物流革命に迫る
  6. プラットフォームの価値を収益化する方法
  7. ライドシェアリングの市場動向
  8. 【 モビリティ × 金融 】の未来
  9. 自動運転事故での損害賠償はどうなるのか
  10. コネクティッドがもたらす3つの価値

人気記事

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP